木村竹彦副市長のほんとうの死因! - 流れる8本の木のように〜EightTreesNews〜

木村竹彦副市長のほんとうの死因!


茅ヶ崎市、木村竹彦副市長の事故の死因が
ついに判明しましたね。


これまで「遺族の意向で」ということで
そのはっきりとした死因というのは「不明」ということでした。

おそらく既に多くの方が知っていることでしょうが
その死因というのが

サーフィン中の事故ということだったのです。


★実は実際には判明していた!



日本では報道されていませんでしたが、
実はネットでは既に木村竹彦副市長の本当の事故原因というのは
判明していました。

現地のネット情報に英文ですが載っていたためです。
名前こそ載っていませんでしたが、

63歳の男性がワイキキのビーチでサーフィン中に死亡という感じで記事になっていたのです。

この時に亡くなられたのは、記事ではこの方だけだったので
必然的に、この方が木村竹彦副市長だろうということだったのですね。



★なんでその理由を公表しなかったのか?



ここで、疑問が残ります。
そうです。

では、なんで普通にその原因を公表しなかったのか??ということですね。

別に公務で行っていたからといって、仕事前の一時にサーフィンを楽しむことは悪いことではないでしょう。

たまたま、それが不運にも今回の事故に繋がってしまったわけですが・・・


おそらく遺族の方は、サーフィン中に亡くなられたということで
変な批判などを浴びることを避けたかったのではないでしょうか?

亡くなった木村竹彦副市長の名誉が、本人の死後に汚されるのを
好んでいなかったのかもしれません。


この気持ちはわかります。

昔からのサーフィン文化があるような茅ヶ崎市に住んでいるならまだしも
普通の場所に住んでいる人にとっては

サーフィンが身近に感じる生活というのは理解できないでしょうから・・

説明も余計めんどくさいものになてしまうと思いますし。


個人的には、木村竹彦副市長は単に、朝の波乗りを楽しみたかっただけなのではと思いますね。

木村竹彦副市長さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
<スポンサードリンク>

小銭不要のクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。