安達祐実 花宵道中 あらすじは? - 流れる8本の木のように〜EightTreesNews〜

安達祐実 花宵道中 あらすじは?


安達祐実 花宵道中 あらすじは?


安達祐実さん主演映画である
『花宵道中』

ここ最近、ますます注目度が上がってきているようですね♪

花宵道中のあらすじはもとより
安達祐実さんの花魁の演技にも注目が集まってます!


安達祐実さんといえば、
やはり「家なき子」のイメージが強烈でした。

もう説明するまでもないあの有名な台詞

「同情するなら金をくれ!」

あの当時はまさに社会現象にもありましたね〜。
なんとも懐かしい。


★なんと20年ぶりの主演作品



あの「家なき子」が放映されたのは
今から約20年前のこと。


驚くべきことに、安達祐実さん。

なんと、その時以来の主演映画らしいのです。
これにはちょっと・・というか、かなりビックリです。

安達祐実さん、20年も主演していなかったんだ・・・
これは意外でした。

結構、大変な時期もあったのでしょうね。


★あらすじは?



さてさて、注目の『花宵道中』のあらすじです。


〜〜ここから〜〜

時代は江戸時代の末期の吉原。

女郎の朝霧(安達祐実さんです)は、身体が熱くなると肌に赤い斑点があらわれ「躰に花を咲かせる遊女」として山田屋一の人気女郎であった。

朝霧は年季明けが一年後に迫り、遊郭から離れることができる寸前であった。

そんなある日、朝霧は八幡様の縁日に出かけた際、染物屋の職人をしていた半次郎(淵上泰史)という青年に出会う。

人ごみに揉まれ転んでしまい、下駄の鼻緒が切れて一方の下駄をなくしてしまった。
髪をぼさぼさに乱しながらも、もう一方の下駄を人ごみから見つけ出してくれた半次郎に、朝霧は恋に落ちる。

半次郎に心を奪われてしまう朝霧だったが、間夫との恋愛はご法度、花魁という身分の自分にはにかなわぬ恋と一旦はあきらめた。
しかし、日を追うごとに思いが募って、朝霧の運命は大く変化していった。

この作品で描かれているのは、今の時代で言うところの人身売買、近親相姦など壮絶な過去を背負いながら生きる遊女たちの物語である。

〜〜ここまで〜〜



如何でしょうか?

まあ、ストーリーとしてはそれほ目新しいものでもないと思いますが・・

やはり注目してしまうところは
安達祐実さんの体当たりの花魁演技でしょう♪

これまで、「家なき子」での強烈なイメージ。
そして「生まれつきの童顔」


これに安達祐実さんが苦労してきたのは
おそらく事実でしょう。

この映画『花宵道中』は
まさに安達祐実さんの転換点になるであろう映画なのです。

安達祐実さんの意気込みが感じられます!!

もうこれは見に行くしかないでしょう!


花宵道中のさらなる「あらすじ」を知りたいかたは
漫画バージョンを読んでみるのもいいかもしれません。

<スポンサードリンク>

小銭不要のクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。