中村さんの青色発光ダイオード(青色LED)裁判って何? - 流れる8本の木のように〜EightTreesNews〜

中村さんの青色発光ダイオード(青色LED)裁判って何?


「中村さんの青色発光ダイオード(青色LED)裁判って何?」って思った方はいませんか?

かくいう私もその1人なのです。


先日、発表されたの青色発光ダイオード(青色LED)に関しての
日本人3人のノーベル賞受賞。

このニュースは日本中が驚きましたね〜。


なんせ一気に3人の日本人の受賞です。

こんなことは過去にあったのでしょうか?
これで通算22人の日本人がノーベル賞を受賞したことになります♪

毎日のように報道がされていますが、
その中でも異色を放っているのが中村修二(米国籍)さんでしょう。

中村修二さんは、現在はアメリカの市民権を取得されているので
厳密に日本人かというとそうでもないのかもしれません。

現にアメリカでは、今回の受賞は
「二人の日本人と、1人の米国人」としているようですね(笑)

ま、それはいいとして気になったのは、
中村修二さんだけ、インタビューを受けているときの表情というか
答えている感じが、あまり嬉しそうではない・・・

ということです。
皆さんはどう感じましたか??

で、なんでかな〜〜〜と思って、ちょっと調べてみると

・「中村修二さん」
・「青色発光ダイオード(青色LED)」
・「裁判」
・「特許」


というのが出てきたのです。

この4つの単語を見るだけでなんとなく
過去の出来事は想像できてしまいますね。

そうか・・・

中村修二さんは、過去にこの青色発光ダイオード(青色LED)に関する特許のことで
裁判ごとになったことがあるんだな・・・と。


実は私、結構長い間海外に住んでいたのです。

ですから、この事件というか裁判のことは全然知りもしませんでした。
でも、日本ではかなり話題になったようですね。

中村修二さんと、彼が以前勤めていた勤務先との間の
青色発光ダイオード(青色LED)発明に関する報酬面での争いだったようです。

ま、今ではその問題も上手く?和解になったようですね。
その和解金は、なんと驚きの8億4391万円!!!

すごいですね。

でも、その額も中村修二さんいとっては不満だったのでしょうね。
もしくは金額ではなく、その以前への会社への彼自身への対応が不満だったのかもしれません。

もちろん、裁判ですから双方の言い分があります。
どちらが正しいくて、どちらが悪いと決めるのは難しいところがあると思いますが・・

中村修二さんのインタビューにて、
ここまで出来たのは「怒り」でしかなかった・・というようなニュアンのものがありました。

中村修二さんは、その時の悔しさをバネにここまで頑張ってきたのでしょうね。

おめでとうございます。

以上、今回は、「中村 青色発光ダイオード 裁判」について
調べてみました!!
<スポンサードリンク>

小銭不要のクレジットカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。